2018年01月25日

照明の色と効果的な使用場所

都心は48年ぶりの冷え込みだとか。
徳島も寒い朝を迎えています雪

さて、今日は室内の照明の色と効果的な使用場所について学習です。
照明

照明に使われる色は大きく分けて3種類あります。

 1:昼光色 寒色系の青っぽい光(寒色系)
 2:昼白色 中間色の白っぽい光(寒色暖色の中間系)
 3:電球色 暖色系のオレンジっぽい光(暖色系)


ではどの部屋にどの色が適しているのでしょう。

ひらめき昼光色
子供部屋や作業デスクなど勉強や裁縫などの作業スペース
ひらめき昼白色
洗面所など洋服を選んだりメイクする場所
ひらめき電球色
寝室・食卓・リビングなどリラックスしたい場所

白っぽい光色は、覚醒や緊張感を呼び起こし、涼しさや寒々しさを感じさせ
オレンジっぽい光色は、気持ちをリラックスさせ、温かさや安心、懐かしさを感じさせます。

それぞれにシーンに適した照明を選ぶことでぐんと過ごしやすくなります。
また人は視覚によって感じる温度が3℃位変動するとのことなので
夏は涼しそうな昼光色・冬は暖かな電球色に変えてみてもよさそうですね。


◇◆徳島県の注文住宅・住宅リフォームなら◆◇
先進快適の住まいを提案する (株)アラタ建設
http://www.aratakk.com/    
TEL:088-644-1132
posted by アラタ建設スタッフ T at 11:52| Comment(0) |