2018年08月30日

アラタ建設T設計士による建築のお話 第1話「構造について」

構造と言っても色々な構造があります。
「体の構造」「文章の構造」「建物の構造」
他にも経済の二重構造とか社会構造、数学的構造とか色々です。

今回は難しい理論ではなく「家の構造」についてお話しします。

家の構造にも「RC:鉄筋コンクリート造」「S:鉄骨造」「木造」と色々あり、
家の規模・建築条件等により、構造を考えていきます。


アラタ建設では【健康】【安心】【安全】に重きをおいた「木造住宅」を考えています。

古くから日本で親しまれている木造建築。
軽くて調湿機能のある自然素材の【木】を使い、日本の風土に合った構造。そう思いませんか!?

木は、強度的にRC・S造に比べ弱いと思われています。又、燃えやすいイメージがあります。
思っていますよネ!!
でも違いますよ!!

過去20〜30年間に大地震が5〜6回発生しています。
まだ記憶に浅い東日本大震災とか熊本地震とか・・・
イメージ的に木造の建物だけが倒壊しているように感じられているようですが
実はRCも倒壊しています。
倒壊した木造建物は新耐震以前のものが多く構造計算されていない物です。

新耐震以降の建物(施工精度のいい建物)はちゃんと残っていますョ。

木造は、木の持つ特性を活かした組み方で尚且つ構造計算された根拠ある建てかたをすれば
地震・台風・積雪に耐えられる家が出来ます。
安心して下さい。


火に弱いイメージを持たれている方へ・・・

木の火災時における炭化速度は1分間に0.6〜0.8o程度です。
仮に消火に要する時間(15分間)火にさらされても9〜12oしか炭化しません。
120o角の柱なら100o程度は炭化せずに残るので「木構造は倒壊しないのです。」

鉄は、熱を加えると急激に強度が低下し変形しやすくなり
屋根を支える柱・梁などが曲がってしまい、結局 倒壊します。

RCは耐火建築物とされていますが、施工精度を求められます。
なぜなら鉄筋コンクリート造は鉄筋とコンクリートの特性を活用した構造で
鉄は錆び熱にも弱いがコンクリートはその逆です。
だから一体になると強くなるって理屈です。
精度が必要とするのは鉄筋の「かぶり厚さ」ですが、ここが重要な部分です。
「かぶり」がなければ計算通り歩強度は出ません!!



木は天然素材です。

構造計算が成立する材を使用すれば、どの構造にも劣らない強い家が出来ます。
又、身体に優しい材料で地球環境にも優しく、伐採・植林を計画的に行えます。
山を蘇らせ、地域活性化にも役立ちます。

木を使い
安心・安全な家づくりをしませんか。

木・木造


■□ 先進快適の住まいを提案する (株)アラタ建設 □■
http://www.aratakk.com/contact/
TEL:088-644-1132
posted by アラタ建設スタッフ T at 12:07| Comment(0) |

2018年08月29日

協力業者会安全衛生パトロール 2018年8月

協力業者会8月の安全衛生パトロールが行われました。
パトロール先は先日土間コンクリート打ちが完了したばかりのS建材様新工場です。

安全衛生パトロール

安全衛生パトロール


現在は外壁施工中とのことで、かなり高さのある場所での作業が進んでいます。
反省会で上がった改善点は早急に対応し、安全な現場で安全な施工を
そして夏の疲れが出る時期でもあります。
みなさま、くれぐれもご安全に。

厳しい残暑の中、本日もご参加いただきありがとうございました。
今回は出席率100%でした。



こもれびカフェさんのおべんとうは元気が出る美味しさ!ごちそうさまでしたレストラン
安全衛生パトロール
posted by アラタ建設スタッフ T at 15:55| Comment(0) | 協力業者会

2018年08月24日

INOS勉強会 "現場の美化が受注UPに繋がる"

INOS勉強会が開催されました!

==============================
講師:住友林業竃リ材建材事業本部 イノス営業部 営業部グループ チームマネージャー 
一級建築士 廣田 裕之 氏
==============================
アラタの家の基礎・内装・足場・木工事の施工関係者のみなさまにもご参加いただきました。


現場美化の重要性とその注意点・各工事の施工注意点などについて改めて周知徹底を図り、
【アラタの家】の施工品質と現場安全のより一層の向上を目指すと共に
お施主様の満足度向上と新規顧客の獲得につなげることが今回の勉強会の目的です。

廣田さんからは具体例を挙げてとても分かり易くご講話いただきました。

+++【廣田さん講話の一部 自分のメモから】+++
現場は一番の展示場です。
現場を見れば工務店の仕事ぶりもわかり、
良い現場かどうかはご近隣の方を含むすべてのお客様にもわかります。
良い現場であると認識していただく事が工務店への信用に繋がり、
ひいては受注UPにも繋がります。
そこに通う職人さんの意識も変わり、施工品質向上と現場の安全向上にも繋がります・・・等
他、具体的な美化項目や各工事の施工留意点などにも詳しい説明をいただきました。

アラタ建設の現状を振り返り、今以上の現場美化に向けて取り組んでいきましょう!


INOS勉強会

INOS勉強会


アラタ建設や協力業者会では定期的に勉強会を開催しています。
こんなことが学びたい!そんなご希望がございましたら、お気軽にお声がけ下さい!



■□ 先進快適の住まいを提案する (株)アラタ建設 □■
http://www.aratakk.com/contact/
TEL:088-644-1132
posted by アラタ建設スタッフ T at 12:01| Comment(0) | inos