2018年09月07日

アラタ建設T設計士による建築のお話 第2話「屋根について」

皆さん、屋根と言えば何を思いつきますか?
雨・露をしのぐ・・・物
日差しをしのぐ・・・物・・・
とか色々と思い浮かべると思いますよね!?

実は、屋根は建物にとって重要な役割があります。
風雨をしのぐのはもちろんのこと、建物の形を作る上でメッチャ重要になります。

屋根の形は昔から色々あり、入母屋・切り妻・寄せ棟・片流れ・etcと沢山の形があります。
住む地域によっても色々です。北から南へと移動するとよく分かりますヨ!
又使われる材料も変わっていくのが分かります・・・ってな事で、
屋根は建物のデザインを決定する部分なんです。
複雑なデザインをすると雨漏りの原因になったりコストUPになったりするので注意・・・ですネ!

葺き材も色々ありますヨ。ガルバニウム鋼板・瓦系・スレート系デザインにより使い分けします。
又地域によっても使い分けが必要ですネ!


時代によって変わる屋根勾配
知っていましたか??
時代的にみて、平穏な時代の屋根は穏やかな勾配、荒々しい時代には急勾配な屋根に・・・
時により変化するのも屋根のデザインですネ!
おもしろいですネ!!

この40年近い間でもさまざまな流行がありました。
モダン・アーリーアメリカン・南欧風・シンプルと流行に合わせた建物、
当然屋根のデザインも変わっていきます。
今は・・・国の施策でZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とやらで
片流れの屋根にして太陽光を乗せやすくするデザインが主、かもしれませんネ?!

屋根の形は建物のデザインを決める重要な部分です。
国の施策によっても屋根の形は変わるものの、
設計者の拘りはいつの時代になっても変わりません。設計者は常にチャレンジしていきます。

これからもご支援よろしくお願いします。

屋根

屋根

屋根 

屋根 屋根



次回は建具(サッシ・内部建具)のお話です!


■□ 先進快適の住まいを提案する (株)アラタ建設 □■
http://www.aratakk.com/contact/
TEL:088-644-1132
posted by アラタ建設スタッフ at 14:38| Comment(0) |

2018年09月05日

地盤調査の必要性

台風21号一過、県内外で被害状況がだんだんと明らかになり
今回の台風の凄まじさを実感しています。
OB様はじめ、みなさまの家では被害はありませんでしたか?
お困りごとがございましたら、お気軽にご相談下さい。

***
さて!新築工事が予定されている鮎喰町の現場で地盤調査が行なわれました。

地盤調査2.jpg

地盤調査

アラタ建設では新築工事の前には必ず地盤調査を行っています。

地盤調査とは、その地盤の上に建物を建設できるかどうかを判断するために、地盤の強度を測定すること。
今回は住宅の地盤調査で一般的なスウェーデン式サウンディング試験を行っています。


どんなに建物の耐震性能が高くても、地盤が弱ければ安心して住むことはできません。
地盤の弱い土地に家を建ててしまうと、家が傾き最悪住むことが出来なくなってしまいます。
また家を建ててからの地盤改良は難しく費用も莫大にかかる事もあり、
そうならないためにも施工前の地盤調査は必要です。

調査は地盤調査の専門会社が請負い、きちんとした試験報告書も上がってきます。
その報告書に基づき、施工が可能かまた地盤改良が必要かどうかなど
その後の対応が決まります。

これからずっと住むであろう土地がどんな状態なのかを事前に知っておくことは
とても大切なことです。
何より安心できますね!


■□ 先進快適の住まいを提案する (株)アラタ建設 □■
http://www.aratakk.com/contact/
TEL:088-644-1132
posted by アラタ建設スタッフ at 16:22| Comment(0) | 現場便り