2016年02月23日

2月の勉強会

業社会主催の勉強会が開催されました。今日はそのご報告です。
今回の講演は特に事業主様にご聴講いただきたい内容でした。

2月の勉強会

******************************************
講師:三井住友海上火災保険梶@徳島支店徳島第二支社 支社長代理 河原由鎮 氏
テーマ:◎変わりゆく労災リスクの傾向と対策
******************************************

徳島県における労災は統計的には以前より減る傾向にあるようですが
業種別にみると建設業における労災死亡者数が最も多く
年齢別では50歳以上
会社の規模別でみると1人〜9人程度
墜落・転落、交通事故が多いと言うご説明を受けました。

また最近の労災の傾向として
*脳・心臓疾患や精神障害を起因とする労災認定が増加している
*訴訟における損害賠償額も高額化している
との事。

多くの事業主様は相応の対策をとられていらっしゃると思いますが
改めて加入している保険内容を見直してみて下さい
(全てをカバーしている内容ではないかもしれないので)との事でした。


労災は起こらない事が一番です。
ですが起こってしまったときに困らないように、まずはきちんと備える事が大事です。
また、労災を出来る限り防ぐために
日頃の安全教育の拡充と推進も怠らずに実行していくなどの必要性もあると言う事でした。


2月の勉強会

2月の勉強会

河原様には具体的な資料を基にわかりやすく丁寧なご説明をいただきました。
本当にありがとうございました。
今後に生かして参りたいと存じます。

業社会の皆様、
平日の夕方と言う多忙な時間の開催にも関わらずご参加いただき
そして熱心にご聴講いただきまして感謝申し上げます。
posted by アラタ建設スタッフ at 11:43| Comment(0) | 協力業者会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]