2019年10月24日

地鎮祭 −鳴門高島の家(板倉の家)−

10月14日(月)体育の日 鳴門町高島にて地鎮祭が行われました。
お施主様、おめでとうございます。
スタッフ一同心よりお祝い申し上げます。

地鎮祭

施工現場は鳴門の大毛島と言う鳴門海峡をはさんで淡路島と向かい合う、四国の玄関口となる島にあります。
鳴門海峡と小鳴門海峡・ウチノ海に挟まれ、紀伊水道に面していて、大鳴門橋もここに架設されています。
自然豊かなとても良いところです。

地鎮祭


高島の家では、四国産の杉をふんだんに使った【板倉の家】をご建築されます。
自然豊かな場所に建つ自然素材の家。
あぁ、贅沢だなぁ・・。

竣工の来年春が今からとても待ち遠しいです。

地鎮祭

地鎮祭

竣工までどうぞ宜しくお願いいたします。


■□ 先進快適の住まいを提案する (株)アラタ建設 □■
http://www.aratakk.com/contact/
TEL:088-644-1132
posted by アラタ建設スタッフ at 14:26| 現場便り

2019年08月27日

地盤調査

施工前の地盤調査を行いました。

地盤調査

地盤調査

地盤の弱い場所ではないかと言う心配があったのですが
今回の調査で【施工に問題なし】と言う結果が出ました。
地盤改良費用も必要なく、お施主様にも私たちにも朗報です!


(こちらもご覧ください) 地盤調査の必要性





■□ 先進快適の住まいを提案する (株)アラタ建設 □■
http://www.aratakk.com/contact/
TEL:088-644-1132
posted by アラタ建設スタッフ at 13:46| 現場便り

2019年03月26日

八万町の家 設計士Tからの現場便り

こんにちは、設計士Tです。
6月の竣工に向けて施工が進む八万町の家より現場報告です。

まずはこちらの写真から。
八万町の家

【断熱】
今回の家造りもましゅまろ吹付断熱材を使用しました。
屋根下に遮熱シートを貼り、そこにましゅまろくんを16cmの厚みで吹き付けます。
もこもことふくらみ16cmの厚みになります。
効果:断熱性のUP!
徳島の地域区分は6地域ですが、ましゅまろくんを16cm吹く事で2地域並みの性能が出ます。
また雨音なども遮断する効果もあります。
断熱性能を重視される方にはもってこいのましゅまろくんです。
因みに八万町の家の外皮計算値は0.54です(ZEH基準は0.6で数値の少ないほど断熱性能がよいのです)。

【電気配線】
色分けしています!?
コンセント・スイッチ・照明用と色分けし、間違いを防ぎます。
こんなことをしなくても・・と思われるかもしれないけど
先々のお客様のことを考えての工事仕様です。


次にこちらの写真から
八万町の家

【サッシ下にも気配り】
今回仕様するサッシは樹脂サッシです。
結露はほぼほぼしないのですが念には念を。
防水テープをサッシ下と横に貼り
そしてコーナーにも貼る細やかな納まりにしています。
念には念を。

他に
【構造金物】
筋交プレート・羽子板ボルト・L型金物・カスガイが多く使われています。
釘はN又はCNを使用。
普通釘は使わない、理由は釘の持つ強度ですネ!
多種多様な金物を使いながら、且つ釘も強いものを使い
構造計算された躯体をつなぎ計算通りの数値を出すクオリティー。

八万町の家、竣工が楽しみだ。
次回もお楽しみに。
posted by アラタ建設スタッフ at 10:27| 現場便り