2019年07月24日

梅雨明け

四国地方も梅雨明けしました。
今年の梅雨入りは記録的に遅く梅雨明けも例年より遅い。
気温は低めの状態が続いていたので梅雨明け後の高温は身体に堪えそうです・・・。
熱中症には要注意です。

梅雨明け

メモウェザーニュースの3か月予報
8月 夏らしい暑さと雷雨
9月 残暑が長引く
10月 紅葉は遅れ気味か  ・・暑いのね

二十四節季では大暑・七十二候では桐始結花(キリハジメテハナヲムスブ)
七十二候の名称が面白いので、つい調べて載せてしまいます。
タグ: 梅雨明け
posted by アラタ建設スタッフ at 16:19| しらさぎ台便り

2019年07月18日

アラタvegetable garden 2019-7月vol.2

アラタvegetable gardenの話題が続きますが、本日はvol.2!スイカの結実の件。

何の心配もなくどんどん成長するキュウリの近くに青息吐息状態のスイカがありまして
今日は枯れてしまっているかもと思いながら畑を覗く日々。
それでもゆっくりゆっくり成長を続け、小さいながらも葉や茎を延ばし
ある日、ついに、手のひらに乗るくらいのサイズだけど小さな実が生った!
その健気さに喜びもひとしお!
今は小さな実の下に奥様から藁をしいてもらってます。

スイカ

大きく美味しく育てよ。


台風5号DANAS(ダナス)発生。
その影響で先ほどから強い雨が降っています。
関東以北では梅雨寒の日々が続き、おまけに日照不足。
そのため野菜も成長不足で値段の高騰が報道されてますが、ここ数年の異常気象は憂うべき事です。
二酸化炭素をがっつり消せる技術はないのだろうか??と思ったら
人工光合成と言う記事を見つけたので、あとで読んでみよう。

台風一過の梅雨明けになるかな。
posted by アラタ建設スタッフ at 15:45| しらさぎ台便り

2019年07月10日

アラタvegetable garden 2019-7月

雨は植物にどれだけの恵みをもたらしているのだろう。
人がホースで水やりをしてもあまり成長しなかった植物が、雨をもらうとその成長が著しい。
不思議だ・・・。
花や野菜を育てた事がある人はその違いを実感されているのではなかろうか。
ホースであげる水は短時間で済ませがちなので、成長の差は水が十分浸透していないせいかと思っていたら
雨には植物を成長させる栄養素が含まれているみたい。
特に雷雨には通常の雨水と比較して窒素が1.5倍も含まれているそうな。
窒素は葉や茎の生育を促す栄養素。
栄養もない土地にわわさわさと雑草が生い茂るのも雨のおかげか。
多過ぎる雨は困り者だけれど、しとしと降る雨はやはり恵み。

アラタvegetable gardenの夏野菜も、梅雨時になって実をたくさんつけ始めた。
キュウリ・ズッキーニ・トマト・南瓜!
特にキュウリは成長が早くて、うっかり見過ごすとお化けキュウリに変身している。
それでもどんどん大きく育つ野菜は可愛い。
今日も奥様の愛情と雨をたっぷりもらって成長中。

IMG_6871.jpg

posted by アラタ建設スタッフ at 11:58| しらさぎ台便り