2016年04月18日

地震への備えを再度見直そう

2016年4月14日以降、熊本地方を震源地として相次いで発生している地震で一連の被害を受けられ、
避難生活を余儀なくされている皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に心よりお悔み申し上げます。
また被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

--------
自然災害はいつも突然に私たちを襲う。
今回の地震も直下型で、地震速報よりも早く大きな揺れが来たと言う証言もあり
そんな時に私たちは瞬時にどんな行動をとれるのでしょうか・・。

普段から避難訓練をしたり備蓄をしたり、
その時を想定した心構えや備えをするかしないかで
その時のとっさの判断に差が出ると思うのです。

再度地震への備えを見直してみませんか。



今回はまず【被害に遭わない住空間作り】について。
とにかく住戸内の安全性を高めることが大切です。

 *家具は倒れないようにしっかりと固定する。
 *タンスなどに扉がついている場合は、耐震ラッチを設置し揺れで開かないようにする。
 *重い物はできるだけ下にしまう。
 *避難通路となる場所に不要な物は置かない。
 *ベッドの近くには倒れてくるような大きな家具は置かない、または下敷きならない場所に置く。
 *出入口を塞がないような家具の配置をする。   ・・・など。


地震への備え


普段から部屋の中を見回して
地震で揺れが来た場合に『このタンスは大丈夫か、このテレビは自分に向って飛んでこないか』など
具体的に想像してみると、見えていなかった危険な部分が浮き出されると思います。
指さし点検で、ひとつひとつチェック。

時間のある時にもう一度見直してみましょう。

上記は既にみなさまご存じの事ばかりだと思いますが、再掲いたします。
参考になさってください。




画像はは下記サイトから
総合ハウジングサービス 防災マニュアル


posted by アラタ建設スタッフ at 16:10| Comment(0) | 雑記

2016年04月14日

入札・契約制度改正等説明会

県庁にて、入札・契約制度改正等説明会が開催されましたので
ちょっこし参加してきました。

新年度に入り、毎年この時期に行われる説明会。
今日は徳島市内の4月〜9月の決算業者に向けて行われましたが
室内見渡すと、結構な参加者数。
午後からは10月〜3月の決算業者に向けて同様の説明会があり
4日間かけて県内全体の業者さんへ説明と言うスケジュール。

しかし、同業者さんがこれだけいらっしゃるという事実。
このなかで生き残るためにはどうすべきか、
ちょっと入札からかけ離れた部分で考えてしまった。



------
今日は夏日予報で終わって外へ出るとすっかり初夏の陽気。
県庁の蜂須賀桜は葉桜へと変身してました。

葉桜
posted by アラタ建設スタッフ at 13:24| Comment(0) | 雑記

2016年02月19日

電力自由化とオフグリッドとHEMS

2016年4月より、家庭などに向けた電力小売りが全面自由化されます。
今まで地域ごとの電力会社より買っていた電気。
これからは私たちが購入先を選んで電気を買う時代へシフトします。
従来の電力会社からはもちろん
ソフト○ンクさん・○Uさんなどの携帯会社さんからも
コンビニさんやなんと生協さんからも電気が買える!
電力自由化
画像はお借りしています。


では、どこから電気を買うのが一番お得なの???
これは非常に悩ましい問題です。
とりあえず今までの電力会社さんからそのまま買うと言う方も多い様な気もする・・。
熱心な方は、既にいろいろ研究をされているでしょうね。
我が家にも従来の電気会社さんからパンフレットが届いていますが
どうするか、まだ結論は出ていません。

個人的には我が家でも電気の自給自足ができるといいなと思います。
太陽光発電システムで発電→その電力を蓄電→蓄電された電力を使用。
この循環、一番シンプルです。
オフグリッドと言うのですが、送電系統(電線を伝って電力会社から家などに送られる電力網)と繋がっていない電力システムのことです。
この方法なら外部の影響(料金システムやら停電やら)を受けずに済みます。
我が家は太陽光パネルは搭載されていますので、残り蓄電池の問題さえクリアできれば!ですが。
世の中には既にDIYで蓄電池等を作り実際にオフグリッド生活をされていらっしゃる強者も存在しますね。
いいなあ!!


今すぐにオフグリッドは無理なので
やはり家の電気使用状況に合ったプランでお得に契約できることを考えてみようかな。
家の電気使用状況を調べるにはHEMSが便利です。
HEMSとは・・
【家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。
家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、
家電機器を「自動制御」したりします。
政府は2030年までに全ての住まいにHEMSを設置することを目指しています(PanasonicさんHPより引用)】

自宅の使用電力量が視覚化されるので節電出来ているかどうかがよくわかり、
外出先からも電気機器のコントロールができたり
電気代が最も安くなるように自動制御もできます。
(HEMS使用には専用分電盤の設置などが必要です。)


ひらめき楽しく使うHEMSも登場しているようです 光BOX+

ひらめきまたこんなサイトもあります。電力比較サイト エネチェンジ
T様、いろいろな情報をありがとうございます。


これから新築をお考えの皆様は、太陽光発電システムとHEMSを設置される方がいいですね。と言うより、建てようとする住宅の種類によっては必須です。
リフォームでももちろん対応できますよ。ぜひご相談下さい。

電力供給システムが変わることで住宅事情も変わっていきますね。
私たちもアンテナを高く立てて、旬な情報を漏れなくGETするようにしなくては晴れ
posted by アラタ建設スタッフ at 11:07| Comment(0) | 雑記